Vol.144 2018年3月号

改めて、川柳とは?

江畑 哲男

(一社)全日本川柳協会理事、獨協大学オープンカレッジ講師

川柳、基本のキ⑶

前号に引き続いて、掲載句一句一句にコメントを付けて参りましょう。
どの習い事でもそうなのですが、「理論と実践」が大事です。理論面では、拙著『アイらぶ日本語』(学事出版)や『川柳文法力』(新葉館出版)をご参照ください。実践面では、今号のようなコメントにぜひご留意ください。

もう一工夫を

率直に言えば、もう一工夫欲しい作品が多いのです。その「一工夫」のポイントを指摘すれば、下記になります。
① 語彙(安易な言葉選び)
② 語順(説明の順序があまりに単純)
③ 文法(「てにをは」など)
ついでながら、雅号も工夫しましょう。本名も良いですよ(筆者などはずっと本名です)。雅号を付けるなら、ふさわしい雅号、まさしく雅な名前をお考えください。
では、作品を見て参りますね。

▷春が来るリフォームしたい膝や腰(中込悟)
→素直な気持ちを素直に詠みました。

▷薄味に笑顔を足せば星三つ (こまっちょ)
→これまた素直な作品ですね。選者も素直に納得できました。

▷老化から逃げる手立てと趣味に生き (パンダちゃん926)
→そうですね。その趣味に川柳をどうぞ。

▷再会の握手もハグも名前出ず(ポンタロウ)
→あはははは。ハグまでして、名前が出ない? もしかしてお相手も同様だった!?

▷脳活のため口数を多くする(ペエチャンと)
→そう、お喋りも大事。「脳活」になる!? あっ、そっか。だから、女性は元気なのか。

▷塩分を控え砂糖は二倍入れ (ひでほん)
→原句「いれ」を「入れ」に直しました。

▷杖代わりにお手々つないでウォーキング(牛美)
→この句も一部表記を直させていただきました。あとで、原句と見比べてください。

▷検診日数値が良くて歌が出る(しゃりべん太郎)
→「歌も出る」では、どうでしょうか?

▷採れたての味はポパイが知っている(ばいなりい)
→「採れたての味」が効いております。

Vol.144
ベスト作品

  • 淡い恋

    生涯持って

    老い上手

    小泉正夫

  • 乗る度に

    踏み絵に見える

    体重計

    石尾節子

  • ジョギングの

    腕強く振る

    冬の空

    竹澤聡