Vol.143 2018年1月号

改めて、川柳とは?

江畑哲男

(一社)全日本川柳協会理事、獨協大学オープンカレッジ講師

川柳、基本のキ⑵

前号では「川柳の基本のキ」と題し、改めて川柳の基本を解説致しました。「五七五のリズムを大切に」を小見出しに掲げ、川柳を作るのには「発想」と「表現」が大切、と強調させていただきました。

一句一句にコメント

さて、今回の「基本のキ」。
掲載句一句一句にコメントを付けました。掲載句のどこが良かったか? さらに良くするにはどうすれば良いか? そのポイントを一句ずつ簡潔に解説を致しました。ご参考になれば幸いです。

▷この歳で親の痛みが分かってきた(えっちゃん)
→分かる句だが、少々まとも過ぎる点がもう一歩か。

▷歩数計がんばる自分をほめるんだ(わっしー)
→「ほめるんだ」には、もう一工夫欲しい。

▷寝てるのに眠れないの?と気遣われ(クマ)
→ありそうですねぇ、そんな一場面が。

▷おかしいねこの体重計壊れてる(レイチェル)
→「おかしいね」という口語が良かった。

▷痩せなさい言う先生がちょい太め(ポンタロウ)
→「ちょい太め」なる表現が個性的。

▷健診はぼくの体の通信簿 (あひと)
→「通信簿」が比喩になっている。

▷三世帯マラソンするのは祖父と祖母(シスカルメン)
→マラソンをした人の意外性がポイント。

▷飲んじゃだめ!女房より効く孫の声(六甲おろし)
→こちらも意外性。「孫の声」が決め手。

▷腹八分わかっちゃいるけど物足りない(おもちっこ)
→「分かっちゃいるけど」、ナルホド。

▷やめようと思うタバコとにらめっこ(ポッター)
→「にらめっこ」に実感あり。

▷レーシック無事に終わって千里眼(神戸の敏坊)
→「千里眼」の誇張が効いている。

▷ほめことば?あなた見てると眠くなる(近藤千草)
→どことなくユーモアを漂わせる作品だ。

▷健康が邪魔して病気近寄らず (火星人)
→「健康が邪魔して」が、逆転の発想。

▷MRI焼場カプセル体験し (南雅子)
→いやはや、作者のユニークさが光る。

Vol.143
ベスト作品

  • 鏡餅

    肌の老化を

    見てるよう

    和三盆

  • 百歳の

    秘訣よく噛み

    よく忘れ

    瀬戸桃子

  • 長寿より

    インスタ映えと

    ダイエット

    しげっち