Vol.117 2013年12月号

川柳の上達法 その3

江畑 哲男 さん

(社)全日本川柳協会常任幹事、早稲田大学オープンカレッジ講師

はじめに

川柳上達法の3回目です。
高校生から作文のコツを聞かれることがあります。どうしたら上手に文章が書けるようになりますか? と。

まずは「創る」から始めてみよう!

対する私の答え。
まずは「書いてみる」、ともかく「書く」。そこからすべてが始まる。フランスの諺でしたか、「食欲は食べているうちに湧いてくる」がありました。そうなのです。書いているうちにだんだん上手になっていくのです。そういうものです。
川柳も同じ。何かを発見したら、気のついたことがあったら、自分の思いを五七五にまずはまとめてみること。川柳にしてみる。川柳を創ってみる、これが始めの一歩です。
次に大事なこと。創りながら見直す、創り終わって見直す。しばらく経ってから、よ~く見直す。この言葉でよいか、この表現がふさわしいか。別な言い回しはないだろうか、等々の試行錯誤を繰り返してください。川柳も文章も、初めから上手な人などいないのですから。

作品を見て貰うのも、一つの手です

川柳を創り慣れてくると、量産が出来るようになります。ぜひぜひたくさん創って下さい。たくさん創って、そのなかで自分がよいと思った作品。それを他の人に見て貰ってください。相手は奥さまでも、お友達でもよいでしょう。
相手の反応は結構ビミョーです。自信作がけなされたかと思うと、逆に自信のなかった作品が褒められたりして、……。身近な第三者の評価が絶対ではありませんが、少なくとも自分だけの判断よりは、よほど客観的な視野を獲得することができるでしょう。
第三者に見てもらう。(大げさに言えば)世に問う。その点で申し上げれば、本欄へ投稿するのは最良の道かも知れませんね。投稿してボツになったり、入選したり。入選作と自作との比較・検討も忘れないように。
入選一歩手前の作。レベルが少し上がってきました。

▷酒たばこ孫の笑顔が遠ざける     (蒼い朱鷺)
▷薄味で妻に余生を操られ       (山ごぼう)
▷今日からを明日からにする美味い飯  (完熟きのこ)
▷M君と別れて今はLといる      (キノウ)

Vol.117
ベスト作品

  • 万歩計

    つけずに歩く

    一万歩

    老沼正一 

  • 若づくり

    しても身体は

    知っている

    原山尚美

  • 酒タバコ

    止めて八十路の

    五輪待つ

    虎寿翁