フライパン一つで! 鶏そぼろあんかけの蒸し煮サラダ

フライパン一つで! 鶏そぼろあんかけの蒸し煮サラダ

材料

(2人分)
じゃが芋         中1個
人参           1/2本
蓮根           1/3本
いんげん         3本
鶏ひき肉(胸)      100g
サラダ油         小さじ1/2

【A】

水          150ml
顆粒だし       小さじ1/2
しょうゆ       大さじ1
みりん        大さじ1
酒          大さじ1
おろし生姜      大さじ1

片栗粉          大さじ1

栄養価

(1人分)
エネルギー   214kcal
たんぱく質   13.1g
脂質      5.3g
炭水化物    25.0g
ビタミンA   231μgRE
食物繊維    2.2g
塩分      2.0g

作り方

1.じゃが芋・人参・蓮根は皮を剥き2〜3mm幅の半月切りにし、いんげんは筋を取って3cm幅に切り、水(分量外)に浸ける。
2.フライパンにサラダ油を熱し、鶏ひき肉を粗めのそぼろ状に炒める。
3.肉の色が変わったら、じゃが芋と人参を入れ、大さじ3の水(分量外)を入れてふたをし、強火で2分加熱する。
4.いんげんを入れ、再びふたをして強火で1分加熱する。
5.火を止め、ふたをしたまま1分置いて余熱で火を通す。
6.合わせておいた【A】を入れて弱火にかけ、軽く煮立ったら大さじ1の水(分量外)で溶いた片栗粉を少量ずつ入れてとろみをつける。

冷えは万病の元と古来よりいわれていますが、現在では体温が低下すると免疫力も低下してしまうという一説もあるそうです。今回は、厳しい寒さを元気に乗り切るための体を温める食材を使用したレシピをご紹介します。
生姜入りのあんをドレッシング代わりに野菜をいただくシンプルな一品ですが、調理法を蒸し煮にすることで野菜本来の甘みや旨味が活かされており、優しい味わいが体だけでなく心も温まるようなサラダに仕上がっています。フライパン一つで簡単に作れるという気遣いも嬉しいレシピですね。

レシピ考案者

女子大生が考えた一品料理レシピ

東京家政大学栄養学科 川崎 梓さん

コメント :

このレシピの調理法はフライパン一つで簡単にできる「蒸し煮」で、茹でるよりも手軽に作れ、なおかつ野菜の栄養素の流出も防ぐことができる便利な調理法です。良質なたんぱく質源である鶏肉と、体を温める効果があるといわれる生姜が入ったあんを絡めることで冷めにくく、より体も温まる一品にしました。