納豆ごぼうのそぼろ丼

納豆ごぼうのそぼろ丼

材料

◆(2人分)
ごはん       320g
豚ひき肉      60g
ししとう      40g
長ねぎ       30g
ごぼう       40g
納豆(ひきわり)  50g
ごま油     大さじ1
めんつゆ    小さじ2
おろししょうが 小さじ2
からし     小さじ1

栄養価

◆(1人あたり)
エネルギー 483kcal
たんぱく質 14.8g
脂質 15.0g
炭水化物 69.2g
食物繊維 4.1g
塩分 0.5g

作り方

1.ごぼうの皮をこそげとり、みじん切りにして水に浸しておく。
2.シシトウ、長ねぎは小口切りにしておく。
3.フライパンにごま油を熱し、ひき肉とごぼうをよく炒める。
4.③に納豆を加え、②のシシトウ、長ねぎ、しょうが、からし、めんつゆで味を調える。
5.火を止めて、器に盛ったごはんの上にかけたら出来上がり!

「納豆ごぼうのそぼろ丼」に使うごぼうは、平安時代に日本へ持ち込まれたこちらも古くからある食材ですが、今では日本以外の国ではあまり食べられていません。ごぼうの旨みや香りは皮に多く含まれているので、皮はむかずにこそげ落とすようにしましょう。酢水に浸けておくと変色を予防できます。

レシピ考案者

女子大生が考えた一品料理レシピ

東京家政大学短期大学部栄養科 大城 史子さん

コメント :

ごぼうは冬野菜だと思っている人が多いと思いますが、実は春から初夏にかけても旬を迎えます。この頃に出回る「新ごぼう」はやわらかく、香りがよいのが特長です。食物繊維が豊富で、腸内をきれいにするので便通改善が期待できます。納豆は炒めると粘りが弱まるので、苦手な方にもぜひチャレンジしていただきたいです。