油揚げのひじきと豆腐包み

油揚げのひじきと豆腐包み

材料

(2人分)
●木綿豆腐   100g
●長いも    20g
●ひじき(乾) 1.5g
●卵      25g
●油揚げ    2枚(40g)
●しいたけ   10g
●こねぎ    10g
●桜えび    3g
●顆粒だし   2g
●砂糖     大さじ1
●しょうゆ   大さじ1
●片栗粉    3g
●水      200ml

栄養価

◆栄養価(1人あたり)
エネルギー 176kcal
たんぱく質 10.9g
脂質    10.2g
炭水化物  10.4g
カルシウム 177mg
鉄     2.2mg
塩分    2.0g

作り方

1.豆腐を軽く水切りする。
2.ひじきを戻す。
3.長いもをおろす。
4.卵を溶く。
5.ボウルに①の豆腐を潰し、②〜④を加える。
6.油抜きをした油揚げを半分に切り、裏返しにし⑤を詰め爪楊枝で閉じる。
7.鍋に調味液を作り沸騰させ、⑥を入れ弱火で20分煮る。
8.しいたけは薄切り、こねぎは小口切りにする。
9.20分経ったら⑥を取り出し、しいたけを入れる。
10.火が通ったら、水溶き片栗粉でとろみをつける。
11.こねぎ・桜えびを加えさっと火を通す。

勝呂さんの油揚げのひじきと豆腐包みは、桜えびのだしが効いている一品です。豆腐のつなぎに長いもを使っているのでふわふわした食感が楽しめます。桜えびはたった3gでも60mgのカルシウムを摂ることができます。骨ごと食べる桜えびやしらすなどは、おかずにプラスすることで不足しがちなカルシウムを補えるため便利ですね。

レシピ考案者

女子大生が考えた一品料理レシピ

東京家政大学栄養学科 勝呂 奈津子さん

コメント :

摂取不足と言われているカルシウムがたくさん詰まった一品です。カルシウムの吸収を高め、骨や歯への沈着を助けるビタミンDの多いしいたけと、カルシウムとともに食感・色合いをプラスするために桜えびを使っています。中身がタンパクなので味付けはとろみダレにしました。