最優秀賞(2016) : 里芋のお揚げコロッケ

最優秀賞(2016) : 里芋のお揚げコロッケ

材料

里芋(正味)    100g
カニの缶詰     25g
粉チーズ      小さじ1強
玉ねぎ       10g
絹ごし豆腐     50g
ゆで枝豆(正味)  25g
スイートコーン   25g
油揚げ       2枚
サラダ油      大さじ2
有塩バター     小さじ1
ケチャップ     30g
ベビーリーフ    40g
レモン       10g
塩         小さじ1/4
こしょう      少々

栄養価

作り方

① 里芋は軟らかくなるまで茹で、熱いうちに潰す。玉ねぎは細かいみじん切りにし、バターで炒める。
② 潰した里芋に、玉ねぎ、ほぐしたカニの身、絹ごし豆腐、枝豆、スイートコーンを入れ、混ぜる。
③ 塩とこしょうで味付けし、粉チーズを加えて混ぜる。
④ 油揚げを半分に切り、裏返す。
⑤ ④の中に③を詰めていき、口を爪楊枝で留める。
⑥ フライパンに油を引き、詰めた油揚げを焼く。焦げ目を付け、蓋をして5分ほど焼く。
⑦ お皿にベビーリーフ、レモン、⑥を盛り付け、お好みで、ケチャップをつける。

コロッケといっても、揚げていないのでヘルシーですし、体にも優しい料理になっています。

レシピ考案者

えむぞぅくん健康レシピ大賞受賞作品

大貫 智保さん(IFC栄養専門学校)

コメント :

 高齢者は、たんぱく質とカルシウムの栄養素が不足しがちになります。たんぱく質は、筋肉を作り、体力のもとになるため、丈夫な体づくりへと繋がります。カルシウムは骨を作り、高血圧を防ぐため、高齢者に多い骨粗鬆症の予防を助
けます。このレシピでは、どちらの栄養素も摂取できるようになっています。
 私は二つの栄養素の大切さを知って頂き、少しでも病気になる確率を低くできれば良いと思い、レシピを考えました。そのため、食材に畑の肉といわれる豆を使った油揚げ、絹ごし豆腐を使用し、たんぱく質を多く摂れるようにしました。また、粉チーズ、油揚げを使用し、カルシウムを多めにしました。コロッケということで、中に詰める方法でいろいろな食材を一つにまとめ、満足できるようになっています。見た目にも気を遣い、緑・黄・赤で食欲をそそるように仕上げました。おじいちゃん、おばあちゃんの昼食を華やかにして、オシャレなランチというイメージにし、気持ちから健康になってほしいという思いを込めて作りました。