ヨーグルト風味の冷製ラタトゥイユ

ヨーグルト風味の冷製ラタトゥイユ

材料

(2人分)
●トマト 1/2個
●ズッキーニ 1/2本
●玉ねぎ 1/4個
●かぼちゃ 40g
●ピーマン 1個
●マッシュルーム 2個
●枝豆 10本
●なす 1本
●むき身えび 2〜3尾
●ヨーグルト(無糖) 10g
●ミニトマト 2〜3個
●クルトン 4〜5個
●オリーブオイル 大さじ1
●塩・こしょう 適量

【A】
●トマト缶(200g) 1缶
●白ワイン 大さじ2
●ローリエ 1枚
●バジル・タイム・ローズマリー  適量
●塩 適量

栄養価

エネルギー 167kcal
たんぱく質 6.0g
脂質    7.5g
炭水化物  18.7g
カルシウム 57㎎
ビタミンA 166μg(レチノール当量)
塩分    1.7g

作り方

1.なすを輪切りにして、水にさらす。
2.枝豆はさやから取り出し、塩ゆでする。
3.玉ねぎはくし切り、ズッキーニは輪切り、ピーマンは乱切りにし、かぼちゃは種を取って皮をむかずに1cm幅、マッシュルームは0.5cm幅、トマトは2cm角の角切りにする。
4.鍋にオリーブオイルを熱し、えびを透明になるまで炒め、塩・こしょうをふる。
5.④に玉ねぎを入れて、透明になるまで炒める。
6.その他の①〜③を炒め、Aを加える。
7.ある程度混ぜたらふたをして、弱火で10〜15分蒸し煮にする。
8.塩・こしょうで味を調える。
9.火を止め、粗熱を取ったらヨーグルトを加えて混ぜる。
10.冷蔵庫に入れ、冷やす。
11.皿に盛り、半分に切ったミニトマト、クルトンを飾る。お好みでヨーグルトを上からかける。

中江さんのヨーグルト風味の冷製ラタトゥイユは冷蔵庫にある夏野菜を切って加熱し、冷やすだけの作り置きができるレシピです。トマトの酸味は胃酸の分泌を促してくれるので、食欲増進効果が期待できます。

夏野菜をたっぷり使っているので、体を内側から冷やしてくれます。暑い夏にはさっぱりしたものばかりを食べがちですが、夏バテ予防には肉や魚介類などのたんぱく質も食べて、体力をつけることが大切です。

レシピ考案者

女子大生が考えた一品料理レシピ

東京家政大学栄養学科 中江智英子さん

コメント :

夏野菜をふんだんに使った冷たいラタトゥイユです。ヨーグルトを混ぜることで、ほのかな酸味が味に加わり、夏の暑い日でも食欲をそそります。ゆでたえびが味・食感ともにアクセントとなっています。バジルやタイムなどの香辛料がなくてもおいしく仕上がりますよ。クルトンやお好みの野菜を飾って自分流のラタトゥイユを作ってみてください!