トマトとさつまいものポタージュ

トマトとさつまいものポタージュ

材料

(2人分)
トマト……2個
さつまいも……1/5本
たまねぎ……1/2個
バター(有塩)……10g
コンソメ(顆粒)……小さじ1
水……100ml
牛乳……150ml

栄養価

(1人分)
エネルギー 166kcal
たんぱく質 3.4g
脂質 6.5g
炭水化物 21.6g
ビタミンA 89μgRE
食物繊維 2.6g
食塩相当量 0.8g

作り方

【下準備】
・鍋にトマトが浸る程度の水(分量外)を入れ、沸騰させる。

【作り方】
①トマトはヘタの反対側に浅く十字の切り込みを入れる。沸騰した湯にトマトのヘタを下にして入れ、10秒毎に裏返し、2~3回繰り返したら、湯から取り出して冷水に取り、皮をむく。
②湯むきしたトマトは、2cm幅の角切りにする。
③さつまいもはよく洗い、1cm幅のいちょう切りにして、水(分量外)にさらしてアク抜きする。水気を切り、耐熱容器に入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで6分加熱する。
④たまねぎは1mm幅の薄切りにする。
⑤鍋にバターを入れ、③のさつまいも・④のたまねぎを弱火で炒める。
⑥たまねぎがしんなりしたら、②のトマト・コンソメ・水を加えて更に加熱し、沸騰したら弱火で10分煮る。
⑦ ⑥の粗熱を取り、ミキサーで攪拌する。
⑧鍋に戻して牛乳を加え、よく混ぜながら火にかける。沸騰直前に火を止め、器に注ぐ。

暖かくなり日差しによる紫外線が気になる季節にぴったりのレシピを紹介します。
トマトに含まれるリコピン、さつまいもに含まれるクロロゲン酸、さつまいもの紫色の皮に多いアントシアニンには、いずれも抗酸化作用があり、紫外線による肌のダメージを予防する効果が認められています。
トマトとさつまいものポタージュは、春先はもちろん、夏場の食欲が落ちる時はトマトの酸味がアクセントとなり、秋から冬にかけてはさつまいもが食べ頃になり、甘みをより楽しめることでしょう。一年を通じておいしく食べられるレシピです。


【レシピ監修】
東京家政大学ヒューマンライフ支援センター管理栄養士 堀田千晶

レシピ考案者

女子大生が考えたヘルシーレシピ

東京家政大学栄養学科 千本木 萌香さん

コメント :

一年中手に入るトマトに、さつまいもを加えたポタージュです。さつまいもがトマトの酸味を抑え、優しい甘さとまろやかな風味で、トマトが苦手な方にも食べやすいよう工夫しました。