ココアクリームとバナナのふんわり豆乳パンケーキ

ココアクリームとバナナのふんわり豆乳パンケーキ

材料

(2人分)
【パンケーキ】
卵         1個
砂糖        大さじ2
塩         ひとつまみ
オリーブオイル   大さじ1
無調整豆乳     100ml
低脂肪ヨーグルト  大さじ1
薄力粉       100g
ベーキングパウダー 5g
【クリーム】
絹ごし豆腐     150g
塩         1/2つまみ
薄力粉       5g
無糖ココア     8g
砂糖        30g
はちみつ      小さじ1
【飾り用】
バナナ       1/2本
ナッツ・アラザン等 適量

栄養価

(1人分 *ナッツ・アラザンを除く)
エネルギー 493kcal
たんぱく質 14.1g
脂質    13.9g
炭水化物  78.1g
塩分    0.9g

作り方

1.<パンケーキを作る>
ボウルに卵を割りほぐし、砂糖・塩・オリーブオイルを入れて泡だて器でよく混ぜる。
2.1に豆乳・ヨーグルトを加えて混ぜる。
3.ふるった薄力粉とベーキングパウダーを加えてさっくり混ぜ合わせる。
4.テフロン加工のフライパンを中火で熱し、濡れ布巾にあてて冷ます。お玉1杯分の生地を流し入れ、弱めの中火で焼く。表面にぷつぷつと穴が開いてきたらひっくり返して1分ほど焼いて取り出す。*テフロン加工ではない場合は油(分量外)を引く。
5.1枚焼くごとにフライパンを濡れ布巾で冷ましてから繰り返し6枚焼く。

6.<クリームを作る>
鍋に豆腐と塩を入れ、泡だて器で滑らかなクリーム状になるまでよく混ぜる。薄力粉・ココア・砂糖の順に加えて、その都度よく混ぜる。
7.中火にかけ、ヘラで混ぜながら加熱する。煮立ってきたら弱火にして絶えずかき混ぜながら、とろみが出てくるまで1分ほど加熱する。火を止め、はちみつを加える。

8.<飾り付ける>
バナナは5mmの厚さの輪切りにする。
9.パンケーキ1枚にクリームを塗ってバナナを並べ、もう1枚のパンケーキで挟む。同様に3段重ねにし、クリームやバナナ、ナッツ等で飾る。

乳がんは女性に多く、年々患者が増加傾向にありますが、食生活に気を付けることで発症リスクを抑えることができます。
高カロリー、高脂肪の食事は肥満につながり、乳がんの発生や進行を促進します。肉類や牛乳・乳製品の食べ過ぎに注意すると同時に、乳がんの発症を予防する効果が認められている大豆・大豆製品を食べる習慣が望ましいでしょう。
高野さんは、牛乳の代用として豆乳や豆腐を使い、ヨーグルトは低脂肪のものを使いました。豆乳入りのパンケーキはあっさりとした味わいで、ココアクリームとよく合います。パンケーキは多めに作って冷凍保存しても良いですね。
留意していただきたいことは、高脂肪の食事は乳がんのリスクを高めることは事実ですが、あくまでも摂り過ぎた場合のことです。30歳以上の場合、摂取脂肪量は総エネルギーの25%未満が理想です。食事バランスガイドなどを参考に、バランスの良い食事を心がけましょう。

レシピ考案者

女子大生が考えた一品料理レシピ

東京家政大学栄養学科 高野 真梨子さん

コメント :

10月は乳がん予防月間です。乳がん予防には大豆に含まれるイソフラボンが有効だといわれています。また、乳脂肪の摂りすぎに注意することも乳がん予防につながります。今回はイソフラボンを含む豆乳と豆腐を使ったパンケーキのレシピを紹介します。生クリームの代わりに豆腐でクリームを作ることで、イソフラボンを摂るだけでなく、乳製品の使用量を抑えてヘルシーに仕上げることができます。朝食やおやつに是非作ってみてください。