ほくほくほっこりさといも団子 〜しょうがあんかけ〜

ほくほくほっこりさといも団子 〜しょうがあんかけ〜

材料

(2個分)
さといも       (正味)100g
A … 片栗粉         大さじ1
A … 塩           小さじ1/2
豚ひき肉        35g
たけのこ        (正味)15g
しいたけ        15g
しょうが(肉あん用)  5g
塩・こしょう      適量
B … めんつゆ(2倍濃縮)  大さじ1/2
B … しょうが(しぼり汁)  小さじ1
B … 水溶き片栗粉      大さじ1/2
サラダ油        小さじ2
桜えび         適量
わけぎ         適量

栄養価

(1個分)
エネルギー  143kcal
たんぱく質  5.4g
脂質     6.7g
炭水化物   14.9g
食物繊維   1.8g
塩分     2.6g

作り方

1.さといもを耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで竹串がすっと通るまで軟らかくする。たけのこ、しいたけ、しょうがはみじん切りにする。
2.1のさといもをボウルに入れ、Aを加え、混ぜる。ある程度、熱が逃げたらこねて、2等分にする。
3.2とは別のボウルに豚ひき肉を入れ、①のたけのこ、しいたけ、しょうがと塩・こしょうを加え、こねて2等分にする。
4.2の生地で3の肉あんを包む。
5.フライパンにサラダ油を引き、綴じ目を下にして焼く。両面に焼き色を付けたら、水(50ml)を入れ、ふたをして蒸し焼きにする。
6.たれを作る。鍋に水(60ml)とBを入れ、少しとろみがつくまで加熱する。

⑦ ⑤に⑥をかけ、きれいに盛り付ける。桜えび、わけぎを散らして完成。

春は生活環境が変わり、ストレスが原因で自律神経が乱れ、便秘になりやすい時期でもあります。便秘の予防と解消には、規則的な生活と食事による水分と食物繊維の摂取が大切です。そこで、今月は春にぴったりなレシピをご紹介します。
便を軟らかくする水溶性食物繊維が多いさといもを使った肉団子を考案しました。桜えびのピンクとわけぎの緑色のコントラストが春らしさを演出しています。あんは出汁としょうがが効いており、大人向けの一品に仕上がっています。

レシピ考案者

女子大生が考えた一品料理レシピ

東京家政大学栄養学科 鷲山 花子さん

コメント :

食物繊維を豊富に含んでいるさといもと、しいたけ、たけのこを使用しました。特に、さといもに含まれている食物繊維の一種であるガラクタン、さといものヌルヌルの素でもあるムチンは、腸を整え便秘の改善にとても効果があります。たけのこは、春が旬のこの時期に合った美味しい食材です。春のしいたけは、身が引き締まり香りがよくなっています。これらの食材をしょうがのあつあつのあんで、ほっこりとお召し上がりください。