さつまいもとりんごのほんのりジンジャー蒸しパン

さつまいもとりんごのほんのりジンジャー蒸しパン

材料

(7cmの型6個分)
さつまいも      40g
りんご        40g
しょうが(すりおろし)小さじ1/2
レーズン       18粒

【☆】
 砂糖        大さじ3
 水         小さじ2
【生地】
 卵         1個
 砂糖        30g
 塩         ひとつまみ
 サラダ油      小さじ2
 薄力粉       80g
 ベーキングパウダー 小さじ1
 牛乳        50ml

栄養価

(1個あたり)
エネルギー 130kcal
たんぱく質 2.5g
脂質 2.8g
炭水化物 23.4g
塩分 0.1g

作り方

1.さつまいもは洗って1cm角に切り、水にさらす。耐熱容器に並べてラップをかけ、電子レンジ(500W)で1分加熱する(楊枝が刺さればOK)。りんごは皮をむき1㎝角に切る。
2.小鍋に【☆】を入れて中火にかける。砂糖が溶けて茶色に色づいてきたら鍋をゆすって均一にする。1を入れて、木べらで混ぜながら弱火で炒め煮にする。    
3.全体が絡まってカラメル色になったら火を止め、しょうがを加えてざっと混ぜる。 
4.生地を作る。ボウルに卵を割りほぐし、砂糖、塩、サラダ油の順に加えて、その都度、泡だて器でよく混ぜる。
5.薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい、4に入れてゴムベラで練らないようにさっくりと混ぜる。
6.さらに牛乳を加え、全体がなじむまで混ぜる。次に3も加えて混ぜる。
7.型に流し入れ、レーズンを飾る。蒸気の上がった蒸し器で10〜13分程蒸す。楊枝を刺して生地がつかなければ蒸しあがり。

「さつまいもとりんごのほんのりジンジャー蒸しパン」は、しょうがが程よく効いた甘さ控えめの一品です。トッピングのレーズンは少量でも栄養価が高く、カルシウムや鉄などが多いので美肌や貧血予防に一役買ってくれます。
さつまいもは、それ自体の甘さを生かすことで砂糖を減らすことができるので、秋のお菓子作りには適した食材です。栄養も豊富で、特に日本人に不足しがちな食物繊維をお菓子で摂ることができるのは嬉しいですね。

レシピ考案者

女子大生が考えた一品料理レシピ

東京家政大学栄養学科 高野 真梨子さん

コメント :

秋の味覚、さつまいもとりんごを使って簡単に作れる蒸しパンです。11月に入ってそろそろ肌寒くなってきた時期なので、体を温め、免疫力をアップさせてくれるしょうがをプラスしました。お好みで、しょうがの量を増やしても美味しいです。ぜひ出来立てを食べてくださいね。