きんぴらしょうがの揚げ春巻き

きんぴらしょうがの揚げ春巻き

材料

(2人分)
ごぼう   50g
にんじん  25g
しょうが  50g
焼き油   適量
みりん   大さじ1
酒     小さじ1
しょうゆ  大さじ1
ごま油   小さじ2
春巻きの皮 4枚
揚げ油   適量

栄養価

(2個あたり)
エネルギー 204kcal
たんぱく質 2.2g
脂質 13.8g
炭水化物 17.0g
塩分 1.3g

作り方

1.ごぼう、にんじん、しょうがの皮をむき、細切りにする。ごぼうは水に浸けてアクを抜き、水気を切っておく。
2.フライパンを熱して油を敷き、ごぼうを入れて炒める。
3.火が通ったらにんじんとしょうがを入れ、炒める。
4.みりん、酒を加えて炒め、最後にしょうゆとごま油を入れる。火を止め、お皿に上げて冷ます。
5.具が冷めたら春巻きの皮で包む。
6.170°Cで表面がきつね色になるまで3~4分揚げる。

しょうがの辛みがほどよく効いた大人のおかずです。春巻きを揚げる170度~180度の目安は、衣種が鍋の途中まで沈んでから浮上するのがポイントです。それ以下の温度だと衣種は一度鍋底に沈んでからゆっくり浮上し、反対にそれ以上の温度になると衣種は沈みません。ぜひ参考にしてみてください。

レシピ考案者

女子大生が考えた一品料理レシピ

東京家政大学栄養学科 磯田 衣理さん

コメント :

本格的な冬に入り、寒さも増してきました。加熱調理したしょうがには血管を拡張させ、体を温める効果があります。普段、薬味や隠し味として使われるしょうがをきんぴらにして主役に使いました。しょうがをたくさん食べて温まってください!