menu

手軽にできるストレッチ

エクササイズ

TMG本部横浜支部健康支援室TMGFit・健康運動指導士
布能 雅也 宮川 拓也
DRP Healthcare magazine2019年5月号掲載

おうちでできる! 簡単エクササイズ

ストレッチとは?

ストレッチとは筋肉や関節の柔軟性を高め、けがの予防やリハビリ・疲労回復を目的とした運動のことです。ストレッチは広い場所や道具を必要としないため、多くの方が利用している運動です。その手軽さから簡単に行えると誤解されることも多く、正しい方法で行わないと効果も不十分であり、けがをするもとになります。主に、主運動前後の準備体操や整理運動に用いることが多いです。さらに現代社会では長時間のデスクワークや運動不足などで固まった筋肉を緩めることによりストレス解消の効果も期待されています。

ストレッチの種類と効果

▶スタティックストレッチ

反動を使わずゆっくり関節を動かしながら、目的の筋肉を動かすストレッチ。関節の可動域を効率良く広げて柔軟性を増し、筋肉の疲労解消も期待できます。一定時間姿勢を適度な伸び感で保持する動きが特徴です。これから運動を始める方や運動に慣れていない方に向いています。

▶アクティブストレッチ

関節を大きく動かすことにより筋肉の伸長と収縮を繰り返すストレッチでトレーニングとウォーミングアップの特性があります。筋肉を瞬間的に動かすと反射的に戻そうとする神経回路へ刺激を与えることにより適度な興奮状態にし、筋肉の収縮を促す作用があります。スポーツ選手や運動に慣れている方に向いています。

スタティックストレッチの実践

ストレッチを行う際の注意点

●姿勢ができてから20~30秒伸ばしましょう
●伸ばしている部分を意識しましょう
●痛気持ちいいところで止めましょう
●呼吸は自然にするか、数を数えましょう
●身体の柔軟性を上げるためには1~2日でやめるのではなく5~6日は続けましょう

太ももの前

太ももの内側

脚の裏全体

腰背部

 

DRP Healthcare magazine2019年5月号掲載

記事一覧へ