2017

09/15

脳血管疾患と薬の話

  • null

小黒 佳代子
『小黒先生の薬の話Q&A』
株式会社メディカル・プロフィックス 取締役、株式会社ファーマ・プラス 取締役。
一般社団法人 保険薬局経営者連合会副会長

ドクターズプラザ2017年9月号掲載

小黒先生の薬の話Q&A(45)

 

脳血管疾患の中で最もよく知られている脳卒中は日本の死因の中で癌に次いで多い疾患です。脳血管障害には血管が詰まって閉塞する脳梗塞、血管の狭窄により血流が悪くなって起こる虚血性脳血管障害、血管が破れて生じる出血性脳血管障害があります。さらに脳梗塞には、もともとの脳の血管が狭くなり詰まる「脳血栓症」の他に心房細動などの心臓病で心臓や他の場所で血栓が形成され、それが脳に飛んで詰まってしまう「脳塞栓」があります。また、出血性脳血管障害には「脳出血」「くも膜下出血」などがあります。

脳卒中の中でも最も多いものが虚血性脳血管障害です。これは脳血管の血流が悪くなり、その部分の脳の機能が障害され半身運動麻痺、嚥下障害、感覚麻痺、言語障害、意識障害等の症状が出現し、ひどい場合には死亡するという病気です。症状が24時間以内(大抵は数分以内)に消失する場合は一過性脳虚血、症状が24時間以上または半永久的に続く場合は脳梗塞といいます。一過性脳虚血は「もうすぐ脳梗塞になる」という警告症状とも考えられ、この時期に適切な治療を行うことが重要です。脳血管障害を起こす患者さんは単独で病気が起きることはほとんどありません。高血圧や糖尿病、脂質異常症、肥満などを日頃から治療し、飲酒や喫煙などを控えてケアしておくことが最大の予防になります。

発症時の治療に用いられる血栓溶解療法

<Q1>脳梗塞になったのに溶解療法を行ってもらえませんでした。何故でしょうか?

<A1>

脳梗塞発症時の治療では、その時々に応じた適切な診断と治療が必要となります。ご質問にある溶解療法とは遺伝子組み換え組織プラスミノーゲンアクチベーターの静脈内投与による血栓溶解療法(t─PA療法)のことだと思います。急性期の脳梗塞において、発症から4時間半以内に治療可能な虚血性脳血管障害では、ガイドライン上も強く推奨されています。

身体の中にはもともとプラスミンという酵素があります。プラスミンはプラスミノーゲンという前駆体から作られ、血栓の原因となるフィブリンを分解する作用があります。組織プラスミノーゲンアクチベーターはプラスミノーゲンの作用を増強することで血栓を強力に溶かす酵素です。t ─PA療法の有効性は20年ほど前から指摘されてきましたが、日本国内での承認は2005年10月からです。t─PA療法は発症後の開始時間が短いほど有効性が高いとされており、ガイドライン上では4時間半以内とされています。t─PA療法は、有効性が高い一方で脳出血などのリスクも高まり、ガイドライン上でも厳しく対象患者について定められています。t ─PA療法の除外項目に当たる場合には適応されませんので、行われない場合もあるでしょう。他の療法との併用も含めて今後も検討課題が多くある治療法です。発症されたご本人やご家族のお気持ちを考えると溶解療法ができなかったことについて悔しい思いがあることはお察しいたしますが、死亡に至る副作用があることも認識された上で、リハビリを根気よく実施し、再発予防に励んでいただくのが良いと思います。

脳梗塞の予防薬

<Q2>脳梗塞の予防でアスピリンを服用するのはどうしてですか?

<A2>

ひとは、もともと怪我などによる出血を防ぐため止血する機構を持っています。一つは血小板が主となるもの、もう一つは血漿の中にある止血に関わる血液凝固因子が主となるものです。どちらが主となっているかどうかはそれぞれの病態によって異なり、脳梗塞の予防については、これらの止血機構を出血リスクに注意しながら適度に防止することが必要となります。

血小板が主役となる止血では傷ついた血管に血小板が集まって来て、コラーゲン繊維と血小板が結合して傷口をふさいで止血します。アスピリンは鎮痛剤として効果がありますが、低用量では血小板が凝集するのを防ぎ、血液が固まりやすくなるのを防ぐことができます。鎮痛剤としての歴史はかなり長いですが、低用量のアスピリンに血小板凝集抑制効果があるということが分かったのは1960年代後半から、さらに抗血小板薬として保険収載されたのは2009年からとなります。アスピリンは現在のところ81㎎〜330㎎が抗血小板薬としての通常量とされています。低用量では血小板の血液凝固に関わる物質であるトロンボキサンA2 を生成するCOX─1(シクロオキシゲナーゼ1)という酵素の働きを阻害して血栓の生成を予防しますが、高用量ではこの効果がなくなってしまいます。その他、脳梗塞の予防として、血漿の中の止血に効果のある血液凝固因子を阻害する薬剤もあります。症状に合わせて単独であるいはアスピリン等と組み合わせたりしながら使用されます。